これだけは知っておきたい!やってはいけない洗顔とは?

現代人が抱える肌トラブルには誤った洗顔が原因となっているケースも少なくありません。清潔な状態を維持しようと一生懸命に行っている洗顔がかえって肌に負担をかけてしまっているのです。

洗顔で最も多い間違いは過剰な洗いすぎ

洗顔石鹸おすすめ洗顔間違い

洗顔にはいくつかやってはいけないポイントがあります。まず過剰に洗いすぎるのを避けること。じつはこの点をないがしろにしてしまっているケースが非常に多いのです。

 

現代社会は過剰なくらい清潔意識が高まっているため、どうしても汚れを落とそう、完璧に清潔な状態にしようと意識しすぎるあまり「洗いすぎ」な状態に陥ってしまうのです。

 

肌の表面には水分やバリア機能を維持するための皮脂膜というものがあります。「皮脂=汚れ」という意識が強く一生懸命洗いすぎてしまうとこの皮脂膜までも除去してしまい、乾燥とバリア機能の低下が一気に進んでしまうのです。

 

バリア機能が低下すると雑菌が繁殖しやすくなるばかりか、紫外線のダメージが大きくなることでシミや老化の原因をもたらしてしまいます。汚れはしっかりと落としつつ、必要な皮脂はしっかり残せる洗顔環境が求められます

 

洗い終わった後に肌につっぱり感がある方はこの基本的な部分ができていない可能性が高いので気をつけましょう。

熱湯自体も肌の負担になるので洗顔はぬるま湯で

洗顔のQ&A

この点に関してはクレンジングとのダブル洗顔やスクラブ洗顔による洗いすぎにも目を向けておく必要があるでしょう。乾燥肌や年齢を重ねて刺激に敏感になった肌はこうした洗顔環境が適さないこともあります。

 

それから熱湯で洗うこと。お湯で洗うと泡立ちがよくいかにも汚れが落ちそうですが、先述のように洗いすぎの原因となってしまいますし、熱湯そのものが肌に大きな負担をかけます。ちょっとぬるめくらいのお湯で洗うのがベスト、この点でも過剰な清潔意識が邪魔にならないよう気をつけましょう。

 

あと忘れがちなのがすすぎ。洗顔はしっかり行うのにすすぎが不十分な方も少なくありません。すすぎを十分に行わないとせっかく落とした汚れが肌に残ってしまうだけでなく洗顔料に含まれた洗浄成分も残ってしまいます

 

それが肌に負担をかけ、雑菌のエサになることでさまざまなトラブルを引き起こします。

 

改めて洗顔環境を見直してこうしたやってはいけないポイントが当てはまっていないかどうかを確認してみましょう。

一度は使ってみたい!洗顔石鹸口コミ人気ランキング

一度は使ってみたいのは?洗顔石鹸口コミ人気ランキング

ポーラ Dソープ

Dソープ

毛穴と乾燥のWトラブルに使いたいポーラの隠れたロングセラー商品!
100g2,700円・税込
>>ポーラの公式HPで詳しく見てみる!
いつかの石けん

洗顔石?おすすめ

1日35秒の洗い流すシミ対策!累計100万個突破のシミ対策の洗顔石鹸
1600円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
長寿の里 よかせっけん

洗顔石?おすすめよかせっけん

2100万個突破!美容成分60%以上のもっちり泡で毛穴すっきり素肌に
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
>>長寿の里の公式HPで詳しく見てみる!