洗顔には、お湯と水、どちらがいいの?

洗顔の際には水を使うかお湯を使うかで環境が大きく異なってきます。肌環境に合わせて適切な方を選択することも必要ですが、そのためにはまず水で洗う場合とお湯で洗う場合のメリット、デメリットをよく確認しておきましょう。

世間で言われるほど、洗顔時の冷水に毛穴引き締め効果はない

洗顔石鹸おすすめ洗顔と冷水とお湯

水で洗うメリットは毛穴を引き締める効果です。とくに洗顔後に水ですすぐと開いていた毛穴を引き締めることができるといいます。ただこの引き締め効果は世間で言われているほどの効果は期待できないとの意見もあります。

 

それに引き締め効果は急激な温度変化による反応として起こりますが、急に冷水を浴びせるなど急激すぎる温度変化は肌に負担をかけてしまう恐れがあります。

 

水では洗顔料がうまく泡立たないなどのデメリットもあり、現実的にはあまり適した選択肢とはいえないでしょう。

 

一方お湯で洗うメリットはなんといっても泡立ちがよくなる点です。実際に水とお湯のそれぞれで洗顔料を泡立ててみれば一目瞭然、お湯の方が圧倒的によく泡立ちます。洗顔は泡で落とすのが原則ですから、その基本的な面でアドバンテージを持っているのは大きな魅力です。

 

いかにもしっかりと汚れを落としている、という実感と手ごたえを味わえるのもお湯で洗う魅力でしょう。

洗顔にお湯を利用する際は皮脂が溶けだ出さない32度前後に設定する

洗顔のQ&A

ただしお湯にもデメリットがいくつかあります。まず温度そのものが肌に刺激をもたらすこと。

 

とくに敏感肌やニキビ肌の方は要注意、汚れをしっかり落とせるからと熱いお湯を使っていると肌に大きなダメージが生じてしまう恐れがあります。この点は洗う時だけでなくすずきの際も同様です。

 

このように、お湯と水にはそれぞれ注意点とデメリットがあります。ですから極端な温度は避け、ぬるま湯で洗うのがベストです。人間の皮脂は32℃くらいから溶け出すといわれているため、それよりも少し高いくらいの温度がベストといわれています。

 

肌に不要な刺激を与えることなく汚れをしっかり落としていくことができますし、すすぎの際にも洗浄成分を残さずに洗い流すことが可能です。こうした温度についても配慮して洗っていくことで洗顔環境がグッと良くなっていきます。

一度は使ってみたい!洗顔石鹸口コミ人気ランキング

一度は使ってみたいのは?洗顔石鹸口コミ人気ランキング

ポーラ Dソープ

Dソープ

毛穴と乾燥のWトラブルに使いたいポーラの隠れたロングセラー商品!
100g2,700円・税込
>>ポーラの公式HPで詳しく見てみる!
いつかの石けん

洗顔石?おすすめ

1日35秒の洗い流すシミ対策!累計100万個突破のシミ対策の洗顔石鹸
1600円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
長寿の里 よかせっけん

洗顔石?おすすめよかせっけん

2100万個突破!美容成分60%以上のもっちり泡で毛穴すっきり素肌に
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
>>長寿の里の公式HPで詳しく見てみる!