エイジングケアに効果的な洗顔料の選び方は?

洗顔料でエイジングケアを行っていく場合にはまず効果がどれだけ得られるかではなく、老化が進んでいる肌にどれだけ負担をかけずに使っていけるかが求められます。保湿成分や抗酸化成分といったエイジングケア成分は化粧水や美容液で補うことができますが、洗顔の段階で肌にダメージが及んでいるとその効果も十分に得られないからです。

エイジングケアにつながる洗顔料選びでは洗浄力に気を付ける

洗顔石鹸おすすエイジングケア

そのため、まずは皮脂とセラミドを除去しすぎない適度な洗浄力の洗顔料を選びましょう。皮脂と言えば汚れの代名詞として扱われることも多いのですが、汚れとなるのは余分に分泌された分であって、本来は皮膚表面で皮脂膜を形成する大事な役割を担っています。

 

また保湿成分として重要なセラミドは洗顔の際に洗い流されてしまうため、あまり洗浄力が強い洗顔料を使用してしまうと乾燥とバリア機能の低下を加速させてしまう恐れがあります。

 

この2つが進むと紫外線など外部からの刺激の影響で活性酸素が増加し老化がますます進んでしまうほか、メラニン色素も増加することでシミ・くすみの原因を作ってしまう恐れがあります。

 

なお、洗い過ぎないという点ば水分を除去しすぎてしまうさっぱりタイプよりもしっとりタイプの方が適度な洗浄力でよいというイメージもありますが、しっとりタイプには油分が多く含まれているケースが多いので注意しましょう。

エイジングケアのために美容成分入り洗顔料を選んでも大した効果は期待できない

洗顔のQ&A

余計なものは付け加えず、肌を清潔な状態にしてその後のスキンケア環境を準備するのが洗顔料のおもな役割です。

 

エイジングケアに効果的な洗顔料の選び方では美容成分が含まれているものを選ぶかどうかの判断も重要です。セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分をはじめとしたエイジングケアに役立つ美容成分を配合している洗顔料も増えており、洗いながら美容成分を補う方法として人気を集めています。

 

確かにこうした製品では一定の効果が期待できますが、洗顔料で美容成分を浸透させる効果は化粧水や美容液に比べて限界があると言われており、あまり過剰に期待しない方がよいでしょう。

 

まずは肌に負担をかけずに汚れを落とせるかどうか、肌環境をリセットできるかどうかを重視して選んでいった方が無難です。

一度は使ってみたい!洗顔石鹸口コミ人気ランキング

一度は使ってみたいのは?洗顔石鹸口コミ人気ランキング

ポーラ Dソープ

Dソープ

毛穴と乾燥のWトラブルに使いたいポーラの隠れたロングセラー商品!
100g2,700円・税込
>>ポーラの公式HPで詳しく見てみる!
いつかの石けん

洗顔石?おすすめ

1日35秒の洗い流すシミ対策!累計100万個突破のシミ対策の洗顔石鹸
1600円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
長寿の里 よかせっけん

洗顔石?おすすめよかせっけん

2100万個突破!美容成分60%以上のもっちり泡で毛穴すっきり素肌に
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
>>長寿の里の公式HPで詳しく見てみる!