30代の洗顔料選びの注意点は?

30代はお肌の曲がり角、20代までとは異なるスキンケアが求められるようになります。その基本となるのが洗顔料選びです。20代と同じ洗顔料を使用していると肌に負担がかかり、老化や乾燥を加速させてしまう恐れもあるので注意したいところです。

肌バリア機能が低下し始める30代ではマイルドな洗浄力の洗顔料を選ぶ

洗顔石鹸おすすめ30代選び方

そんな30代の洗顔料選びにおける最大の注意点は洗浄力と刺激が強すぎるものは避けることです。

 

バリア機能と保湿力が健全に機能している20代の頃は少々洗浄力が強い製品を使用しても問題は起こりませんでしたが、老化が始まって肌から保湿成分が失われている30代になるとバリア機能の低下の影響で洗顔の刺激が肌に負担をかけてしまう恐れがあります。

 

30代前半だとまだ清潔意識が過剰でついつい洗浄力が強すぎる洗顔料を選んでしまう傾向があるため、自分の肌に衰えがはじまっていることを自覚したうえでマイルドなものへと切り換えていくようにしましょう。

 

また30代は肌環境が急速に変化していく時期でもあります。30歳前後はお肌の曲がり角とよく言われますが、30代半ば〜後半にかけてもう一度曲がり角が来ると言います。

30代ではターンオーバーも乱れ始めるのでピーリング洗顔料もくすみ対策につながる

洗顔のQ&A

ですから30代の10年間同じ心構えで洗顔料を選ぶのではなく、肌環境を細かくチェックしたうえでつねに適切な選択肢を心がけていくことも重要です。

 

30代後半になるとバリア機能の低下と乾燥が加速していくだけでなく、皮脂の分泌量も低下していきます。毛穴が詰まりにくくなるのはよいのですが、その分皮脂膜が作られにくくなり乾燥しやすい状況になっていきます。

 

ですからそれまで以上に洗浄力に注意し、必要な皮脂を落としすぎない洗顔料を選んでいくようにしましょう。

 

また老化の進行でターンオーバーの乱れが目立つようになるのもこの時期です。角質の蓄積によるくすみや透明感の低下が気になる方は適度なタイミングでピーリング石鹸を使用する、あるいは角質を溶かす効果がある酵素洗顔なども取り入れるのもよいでしょう。

 

こうした洗顔は毎日行うのではなく、普段の洗顔料の合間にうまく取り入れることで効果が発揮されるので使い分けも賢く行いつつ30代に合った洗顔環境を築いていきたいところです。

一度は使ってみたい!洗顔石鹸口コミ人気ランキング

一度は使ってみたいのは?洗顔石鹸口コミ人気ランキング

ポーラ Dソープ

Dソープ

毛穴と乾燥のWトラブルに使いたいポーラの隠れたロングセラー商品!
100g2,700円・税込
>>ポーラの公式HPで詳しく見てみる!
いつかの石けん

洗顔石?おすすめ

1日35秒の洗い流すシミ対策!累計100万個突破のシミ対策の洗顔石鹸
1600円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
長寿の里 よかせっけん

洗顔石?おすすめよかせっけん

2100万個突破!美容成分60%以上のもっちり泡で毛穴すっきり素肌に
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
>>長寿の里の公式HPで詳しく見てみる!