40代の洗顔料選びの注意点は?

40代はいよいよ肌の老化が加速していく年齢。この時期にうまくエイジングケアを行っていけるかどうかで若々しさと健康な肌を保てるかが決まってくるともいえます。それだけにスキンケアの土台となる洗顔環境にも配慮が求められます(※参照:40代の洗顔料の選び方

40代が洗顔料を選ぶ時は粒子が細かく濃密な泡立ちがつくれる洗顔料を

洗顔石鹸おすすめ40代選び方

そんな40代の洗顔料選びの注意点は老化によって低下していくバリア機能に配慮することがまず第一です。

 

とくに皮脂の分泌量とセラミドの含有量が急速に減少していく時期のため、あまり洗浄力が強い洗顔料を使用してしまうとこれらの成分を洗い落としてしまうことでますますバリア機能の低下を加速させてしまう恐れがあります。あくまで余分な皮脂や汚れを落とす範囲内で洗顔料を選んでいきましょう。

 

バリア機能の低下に関してはもうひとつ、摩擦による刺激をどれだけ軽減できるかどうかも重要なポイントです。指で何度も肌を擦る行為はエイジングケア全般で注意すべき点となっていますが、洗顔はとりわけ擦る機会が多くなるだけに要注意なのです。

 

この点に配慮するには泡立ちがよいものを選ぶことが大事です。泡立ちがよく、吸着力に優れた洗顔料なら指は軽く皮膚に触れる程度ですみ、泡を皮膚によくなじませるだけで毛穴の奥の汚れまでしっかりと落とすことができます。

40代の上手な洗顔料選びでは化学成分で泡立ちを良くしている洗顔料は避ける

洗顔のQ&A

できるだけ泡立ちがよいもの、それも粒子が細かく濃密な泡が作れるものを選びましょう。泡タイプの洗顔料も人気ですが、このタイプは時間が経過する泡が消えてしまうやすい傾向があること、また泡立ちをよくするために化学成分を使用している面があるので内容に注意しましょう。

 

化学成分といえばもうひとつ、添加物にも注意が必要です。とくに現在広く普及しているフォームタイプの洗顔料には合成界面活性剤や防腐剤が使用されていることが多く、それが敏感になった40代の肌にマイナスの影響をもたらしてしまう恐れがあります。

 

こうした点から40代には固形石鹸タイプが適していると言われています。いずれにしろ適度な洗浄力で添加物が極力使用されておらず、泡立ちがよい。こうした条件を備えた製品がおススメです。

一度は使ってみたい!洗顔石鹸口コミ人気ランキング

一度は使ってみたいのは?洗顔石鹸口コミ人気ランキング

ポーラ Dソープ

Dソープ

毛穴と乾燥のWトラブルに使いたいポーラの隠れたロングセラー商品!
100g2,700円・税込
>>ポーラの公式HPで詳しく見てみる!
いつかの石けん

洗顔石?おすすめ

1日35秒の洗い流すシミ対策!累計100万個突破のシミ対策の洗顔石鹸
1600円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
長寿の里 よかせっけん

洗顔石?おすすめよかせっけん

2100万個突破!美容成分60%以上のもっちり泡で毛穴すっきり素肌に
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
>>長寿の里の公式HPで詳しく見てみる!