50代の洗顔料選びの注意点は?

50代の洗顔料選びにおける最大の注意点は洗浄力と肌との相性のバランスを考慮することです。50代にもなると老化がかなり進行し、トラブルが表面にあらわれるようになります。

 

乾燥やバリア機能の低下によって刺激に敏感な状態になっているだけでなく、ターンオーバーが遅れることで新陳代謝の機能も低下し皮膚が薄くなっていくのもこの年代の特徴です。そのためあまり洗浄力ばかりを意識して選んでしまうと肌を傷めてますます老化を悪化させてしまう恐れがでてきます。

50代の洗顔料選びでは肌に負担が掛からないことを優先する

洗顔石鹸おすすめ50代選び方

この点はメイクやクレンジング環境も踏まえた上で慎重に検討していきたい部分です。シワやシミといったトラブルが目立つようになるとどうしてもメイクでカバーしたくなるものです。

 

リキッドファンデーションなどカバー力に優れたタイプを使用したり、トラブルを隠そうと厚塗りしてしまうと落とすのが大変になり、クレンジングや洗顔も刺激の強いものを使用しなければならなくなります。

 

ですから洗顔料選びでは肌に負担をかけずに落とせる範囲でメイクを行う工夫も求められるのです。なお、クレンジングと洗顔に関しては両方の効果を備えたダブル洗顔不要の洗顔料を選ぶのもひとつの選択肢です。

50代では洗い上がりがつっぱらない洗顔料を選ぶ

洗顔のQ&A

それから洗顔後の洗い上がりにも注意しましょう。どうしても洗顔料はさっぱりとした洗いあがりが歓迎される傾向があります。このさっぱりした洗い上がりは裏を返せば皮脂を落としすぎてしまう部分もあるため、乾燥やバリア機能の低下をもたらしてしまうリスクも抱えています。

 

とくに50代になると皮脂の分泌量も低下するため、40代まではとくに問題がなかった洗顔料も50代では乾燥の原因になってしまうケースも出てくるのです。洗い終わった後につっぱった感覚があるような洗顔料は避けたうえでしっとりした洗い上がりのものを選ぶようにしましょう。

 

このように、50代の洗顔料選びでは肌に負担をかけない範囲で使用できるかどうかが重要になります。皮脂の分泌量が少なくなる一方、ターンオーバーの乱れで角質が蓄積しやすくなる面もあるので適度な洗浄力で泡立ちがよく毛穴の汚れをしっかり落とせるタイプが理想的です。固形石鹸タイプをメインに自分に合ったものを選んでみましょう。

一度は使ってみたい!洗顔石鹸口コミ人気ランキング

一度は使ってみたいのは?洗顔石鹸口コミ人気ランキング

ポーラ Dソープ

Dソープ

毛穴と乾燥のWトラブルに使いたいポーラの隠れたロングセラー商品!
100g2,700円・税込
>>ポーラの公式HPで詳しく見てみる!
いつかの石けん

洗顔石?おすすめ

1日35秒の洗い流すシミ対策!累計100万個突破のシミ対策の洗顔石鹸
1600円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
長寿の里 よかせっけん

洗顔石?おすすめよかせっけん

2100万個突破!美容成分60%以上のもっちり泡で毛穴すっきり素肌に
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
>>長寿の里の公式HPで詳しく見てみる!