20代の洗顔料選びの注意点は?

20代にはあまり洗顔料にこだわって選んでいない方も多いでしょう。一方逆に神経質なくらい洗顔料にこだわってしまっている方もいるはずです。どちらのケースでも20代の肌環境に合わせて最適な洗顔料を選ぶことが大事です。

必要な潤いまで落とさない洗顔料を

洗顔石鹸おすす20代選び方

20代の洗顔料選びにおける最大の注意点は過剰な清潔意識を避けることです。現代人は清潔意識が過剰気味といわれており、とくに若い頃は神経質なくらい汚れに対して敏感になってしまいがちです。

 

そのため洗顔の際にも皮脂や角質は徹底的に落とさなければならないと一生懸命洗いすぎてしまったり、肌に合わない洗浄力が強すぎる洗顔料を使用ししまうといった問題が起こりがちです。

 

自分の肌質や皮脂の分泌量なども考慮したうえであくまで肌に負担をかけない範囲で清潔を維持できる洗顔料を選んでいきましょう。

 

皮脂はもともと皮膚の表面に皮脂膜を形成して水分保持とバリア機能を担う役割を備えています。洗い終わった後に突っ張り感がずっと続くような方はこうした皮脂膜に必要な皮脂までも除去してしまっている可能性が大なので注意したいところです。

 

それから肌質に合った洗顔料を選ぶこと。

20代でも毛穴の汚れを吸着できる洗顔料を選ぶ

洗顔のQ&A

とくに20代は皮脂の分泌量が多く、脂性肌に悩まされるケースが多いためこの点からもどうしても洗浄力が強い洗顔料を選んでしまいがちです。

 

皮脂対策で重要なのは強い洗浄力で表面の皮脂を落とすことではなく、毛穴の汚れを落として詰まらせないようにすることです。

 

ですから皮脂分泌の多さが気になる方は泡立ちがよく、毛穴の奥にまでしっかり入り込んで汚れを吸着できる洗顔料を選びましょう。

 

20代でよく見られるの皮脂を一生懸命落としすぎてしまった結果かえって分泌量を増やしてしまうケースです。こうなると肌の内部は乾燥しているのに表面だ皮脂が多く油っぽいというインナードライの状況に陥りやすくなります。

 

こうした問題を放置しておくと30代以降の肌の老化を進行させてしまう要因にもなるので要注意です。

 

まだ若くトラブルを抱えにくい年齢だけに、トラブルの原因となるような洗顔環境はくれぐれも避けるようにしたいものです。

一度は使ってみたい!洗顔石鹸口コミ人気ランキング

30代の洗顔料選びの注意点は?

30代はお肌の曲がり角、20代までとは異なるスキンケアが求められるようになります。その基本となるのが洗顔料選びです。20代と同じ洗顔料を使用していると肌に負担がかかり、老化や乾燥を加速させてしまう恐れもあるので注意したいところです。

肌バリア機能が低下し始めのでマイルドな洗浄力の洗顔料を選ぶ>

洗顔石鹸おすすめ30代選び方

そんな30代の洗顔料選びにおける最大の注意点は洗浄力と刺激が強すぎるものは避けることです。

 

バリア機能と保湿力が健全に機能している20代の頃は少々洗浄力が強い製品を使用しても問題は起こりませんでしたが、老化が始まって肌から保湿成分が失われている30代になるとバリア機能の低下の影響で洗顔の刺激が肌に負担をかけてしまう恐れがあります。

 

30代前半だとまだ清潔意識が過剰でついつい洗浄力が強すぎる洗顔料を選んでしまう傾向があるため、自分の肌に衰えがはじまっていることを自覚したうえでマイルドなものへと切り換えていくようにしましょう。

 

また30代は肌環境が急速に変化していく時期でもあります。30歳前後はお肌の曲がり角とよく言われますが、30代半ば〜後半にかけてもう一度曲がり角が来ると言います。

30代ではピーリング洗顔料がくすみ対策につながる

洗顔のQ&A

ですから30代の10年間同じ心構えで洗顔料を選ぶのではなく、肌環境を細かくチェックしたうえでつねに適切な選択肢を心がけていくことも重要です。

 

30代後半になるとバリア機能の低下と乾燥が加速していくだけでなく、皮脂の分泌量も低下していきます。毛穴が詰まりにくくなるのはよいのですが、その分皮脂膜が作られにくくなり乾燥しやすい状況になっていきます

 

ですからそれまで以上に洗浄力に注意し、必要な皮脂を落としすぎない洗顔料を選んでいくようにしましょう。

 

また老化の進行でターンオーバーの乱れが目立つようになるのもこの時期です。角質の蓄積によるくすみや透明感の低下が気になる方は適度なタイミングでピーリング石鹸を使用する、あるいは角質を溶かす効果がある酵素洗顔なども取り入れるのもよいでしょう。

 

こうした洗顔は毎日行うのではなく、普段の洗顔料の合間にうまく取り入れることで効果が発揮されるので使い分けも賢く行いつつ30代に合った洗顔環境を築いていきたいところです。

40代の洗顔料選びの注意点は?

40代はいよいよ肌の老化が加速していく年齢。この時期にうまくエイジングケアを行っていけるかどうかで若々しさと健康な肌を保てるかが決まってくるともいえます。それだけにスキンケアの土台となる洗顔環境にも配慮が求められます(※参照:40代の洗顔料の選び方

濃密な泡立ちがつくれる洗顔料を

洗顔石鹸おすすめ40代選び方

そんな40代の洗顔料選びの注意点は老化によって低下していくバリア機能に配慮することがまず第一です。

 

とくに皮脂の分泌量とセラミドの含有量が急速に減少していく時期のため、あまり洗浄力が強い洗顔料を使用してしまうとこれらの成分を洗い落としてしまうことでますますバリア機能の低下を加速させてしまう恐れがあります。

 

あくまで余分な皮脂や汚れを落とす範囲内で洗顔料を選んでいきましょう。

 

バリア機能の低下に関してはもうひとつ、摩擦による刺激をどれだけ軽減できるかどうかも重要なポイントです。

 

指で何度も肌を擦る行為はエイジングケア全般で注意すべき点となっていますが、洗顔はとりわけ擦る機会が多くなるだけに要注意なのです。

 

この点に配慮するには泡立ちがよいものを選ぶことが大事です。泡立ちがよく、吸着力に優れた洗顔料なら指は軽く皮膚に触れる程度ですみ、泡を皮膚によくなじませるだけで毛穴の奥の汚れまでしっかりと落とすことができます。

40代の上手な洗顔料選びでは化学成分で泡立ちを良くしている洗顔料は避ける

洗顔のQ&A

できるだけ泡立ちがよいもの、それも粒子が細かく濃密な泡が作れるものを選びましょう。

 

泡タイプの洗顔料も人気ですが、このタイプは時間が経過する泡が消えてしまうやすい傾向があること、また泡立ちをよくするために化学成分を使用している面があるので内容に注意しましょう。

 

化学成分といえばもうひとつ、添加物にも注意が必要です。

 

とくに現在広く普及しているフォームタイプの洗顔料には合成界面活性剤や防腐剤が使用されていることが多く、それが敏感になった40代の肌にマイナスの影響をもたらしてしまう恐れがあります。

 

こうした点から40代には固形石鹸タイプが適していると言われています。いずれにしろ適度な洗浄力で添加物が極力使用されておらず、泡立ちがよい。こうした条件を備えた製品がおススメです。

50代の洗顔料選びの注意点は?

50代の洗顔料選びにおける最大の注意点は洗浄力と肌との相性のバランスを考慮することです。50代にもなると老化がかなり進行し、トラブルが表面にあらわれるようになります。乾燥やバリア機能の低下によって刺激に敏感な状態になっているだけでなく、ターンオーバーが遅れることで新陳代謝の機能も低下し皮膚が薄くなっていくのもこの年代の特徴です。

肌に負担が掛からないことを優先する

洗顔石鹸おすすめ50代選び方

そのためあまり洗浄力ばかりを意識して選んでしまうと肌を傷めてますます老化を悪化させてしまう恐れがでてきます。

 

この点はメイクやクレンジング環境も踏まえた上で慎重に検討していきたい部分です。

 

シワやシミといったトラブルが目立つようになるとどうしてもメイクでカバーしたくなるものです。

 

リキッドファンデーションなどカバー力に優れたタイプを使用したり、トラブルを隠そうと厚塗りしてしまうと落とすのが大変になり、クレンジングや洗顔も刺激の強いものを使用しなければならなくなります

 

ですから洗顔料選びでは肌に負担をかけずに落とせる範囲でメイクを行う工夫も求められるのです。なお、クレンジングと洗顔に関しては両方の効果を備えたダブル洗顔不要の洗顔料を選ぶのもひとつの選択肢です。

50代では洗い上がりがつっぱらない洗顔料を選ぶ

洗顔のQ&A

それから洗顔後の洗い上がりにも注意しましょう。どうしても洗顔料はさっぱりとした洗いあがりが歓迎される傾向があります。

 

このさっぱりした洗い上がりは裏を返せば皮脂を落としすぎてしまう部分もあるため、乾燥やバリア機能の低下をもたらしてしまうリスクも抱えています。

 

とくに50代になると皮脂の分泌量も低下するため、40代まではとくに問題がなかった洗顔料も50代では乾燥の原因になってしまうケースも出てくるのです。

 

洗い終わった後につっぱった感覚があるような洗顔料は避けたうえでしっとりした洗い上がりのものを選ぶようにしましょう。

 

このように、50代の洗顔料選びでは肌に負担をかけない範囲で使用できるかどうかが重要になります。

 

皮脂の分泌量が少なくなる一方、ターンオーバーの乱れで角質が蓄積しやすくなる面もあるので適度な洗浄力で泡立ちがよく毛穴の汚れをしっかり落とせるタイプが理想的です。固形石鹸タイプをメインに自分に合ったものを選んでみましょう。

一度は使ってみたい!洗顔石鹸口コミ人気ランキング

一度は使ってみたいのは?洗顔石鹸口コミ人気ランキング

ポーラ Dソープ

Dソープ

毛穴と乾燥のWトラブルに使いたいポーラの隠れたロングセラー商品!
100g2,700円・税込
>>ポーラの公式HPで詳しく見てみる!
いつかの石けん

洗顔石?おすすめ

1日35秒の洗い流すシミ対策!累計100万個突破のシミ対策の洗顔石鹸
1600円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
長寿の里 よかせっけん

洗顔石?おすすめよかせっけん

2100万個突破!美容成分60%以上のもっちり泡で毛穴すっきり素肌に
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
>>長寿の里の公式HPで詳しく見てみる!