敏感肌の洗顔石鹸の選び方

敏感肌の方は乾燥肌以上に洗顔石鹸の選び方に配慮する必要があります。合わない洗顔石鹸を使用することでますます肌にダメージが生じてしまうだけでなく、その後のスキンケアが思うようにできなくなってしまう恐れがあるからです。

敏感肌の人は洗顔石鹸で違和感を感じたら使うのをやめる

洗顔石鹸

まず基本となるのが肌に合う洗顔石鹸を選ぶこと。敏感肌の場合アレルギーの問題もあります。低刺激な製品を選ぶのはもちろんですが、その製品に配合されている成分との相性もよく踏まえたうえで選んでいくことがとても重要になります。

 

実際に使用してみて少しでも違和感を感じた場合にはすぐに使用を中止しましょう。また不安な場合には事前に簡単なバッチテストを行ったうえで相性を確認しておくのも良い方法です。

 

そのうえでなるべく刺激が少ない洗顔石鹸を選んでいくことになります。そのうえで重要になるのが洗浄成分と界面活性剤の存在です。

 

界面活性剤とは水と油を混ざりあわせるために使用するもので、スキンケア製品ではさまざまな種類の界面活性剤が称されています。

 

敏感肌の方が注意しなければならないのは石油系合成界面活性剤と呼ばれるもので、低コストで高い洗浄力を備えているメリットがある一方、肌に強い刺激をもたらすので適しません。この点は最低限のポイントとして製品をチェックする際に必ず確認しておきましょう。

天然由来の成分でも敏感肌にとっては植物成分のエキスはアレルギーの可能性もある

洗顔石鹸

洗浄成分と界面活性剤に関しては天然由来のものが肌に優しくオススメです。とくに竹炭やクレイ(泥)の成分は粒子が細かい泡を作り出すことができ、強く擦る必要もなく肌の表面や毛穴の奥にある汚れをしっかりと落としていくことができます。

 

ただし、植物由来のエキスの場合、先述したアレルギーのリスクもあるので注意が必要です。植物由来なら無条件で安全、と思い込まず、あくまで自分の肌との相性を確認したうえで選んでいきましょう。

 

乾燥肌の方には保湿成分が含まれた洗顔石鹸もよい選択肢となりますが、敏感肌の場合はあまり多くの成分が配合されているとそれだけで肌に刺激をもたらしてしまう恐れがあるので判断が難しくなります。基本的には最小限のシンプルなケアを心がけて洗顔石鹸を選んでいくようにしましょう。

一度は使ってみたい!洗顔石鹸口コミ人気ランキング

一度は使ってみたいのは?洗顔石鹸口コミ人気ランキング

ポーラ Dソープ

Dソープ

毛穴と乾燥のWトラブルに使いたいポーラの隠れたロングセラー商品!
100g2,700円・税込
>>ポーラの公式HPで詳しく見てみる!
いつかの石けん

洗顔石?おすすめ

1日35秒の洗い流すシミ対策!累計100万個突破のシミ対策の洗顔石鹸
1600円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
長寿の里 よかせっけん

洗顔石?おすすめよかせっけん

2100万個突破!美容成分60%以上のもっちり泡で毛穴すっきり素肌に
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
>>長寿の里の公式HPで詳しく見てみる!