敏感肌の洗顔石鹸の選び方

敏感肌の方は乾燥肌以上に洗顔石鹸の選び方に配慮する必要があります。合わない洗顔石鹸を使用することでますます肌にダメージが生じてしまうだけでなく、その後のスキンケアが思うようにできなくなってしまう恐れがあるからです。

>敏感肌の人は洗顔石鹸で違和感を感じたら使うのをやめる

洗顔石鹸

まず基本となるのが肌に合う洗顔石鹸を選ぶこと。敏感肌の場合アレルギーの問題もあります。

 

低刺激な製品を選ぶのはもちろんですが、その製品に配合されている成分との相性もよく踏まえたうえで選んでいくことがとても重要になります。

 

実際に使用してみて少しでも違和感を感じた場合にはすぐに使用を中止しましょう。また不安な場合には事前に簡単なバッチテストを行ったうえで相性を確認しておくのも良い方法です。

 

そのうえでなるべく刺激が少ない洗顔石鹸を選んでいくことになります。そのうえで重要になるのが洗浄成分と界面活性剤の存在です。

 

界面活性剤とは水と油を混ざりあわせるために使用するもので、スキンケア製品ではさまざまな種類の界面活性剤が称されています。

 

敏感肌の方が注意しなければならないのは石油系合成界面活性剤と呼ばれるもので、低コストで高い洗浄力を備えているメリットがある一方、肌に強い刺激をもたらすので適しません。

天然由来の成分でもアレルギーの原因になることがある

洗顔石鹸

この点は最低限のポイントとして製品をチェックする際に必ず確認しておきましょう。

 

洗浄成分と界面活性剤に関しては天然由来のものが肌に優しくオススメです。とくに竹炭やクレイ(泥)の成分は粒子が細かい泡を作り出すことができ、強く擦る必要もなく肌の表面や毛穴の奥にある汚れをしっかりと落としていくことができます

 

ただし、植物由来のエキスの場合、先述したアレルギーのリスクもあるので注意が必要です。植物由来なら無条件で安全、と思い込まず、あくまで自分の肌との相性を確認したうえで選んでいきましょう。

 

乾燥肌の方には保湿成分が含まれた洗顔石鹸もよい選択肢となりますが、敏感肌の場合はあまり多くの成分が配合されているとそれだけで肌に刺激をもたらしてしまう恐れがあるので判断が難しくなります。

 

基本的には最小限のシンプルなケアを心がけて洗顔石鹸を選んでいくようにしましょう。
一度は使ってみたい!洗顔石鹸口コミ人気ランキング>>

乾燥肌の洗顔石鹸の選び方

乾燥肌の方は汚れをしっかり落とすだけでなく、肌をこれ以上乾燥させないことを考慮して洗顔石鹸を選んでいく必要があります。もともと皮脂の分泌量が少なめで乾燥しやすい状態にあるため、洗浄力が強すぎる製品を使ってしまうとますます乾燥が悪化してしまう恐れがあります。

乾燥肌の人のは添加物が使われている洗顔石?を避ける

洗顔石鹸

まず適度な洗浄力を備えている製品を選ぶこと。これは低刺激とも深く関わってきます。

 

基本的なポイントとして合成界面活性剤が配合されている洗顔石鹸は避けること、そのほか防腐剤や合成香料、着色料といった添加物もなるべく避けた方がよいでしょう。

 

それから泡立ちがよいものを選ぶこと。乾燥肌の洗顔では摩擦による刺激がもたらすダメージにも注意が必要です。できるだけ指で擦らずに洗っていくためにはしっかり泡立てて泡の吸着力で汚れを落としていくことが必要なのです。

 

濃密で泡立ちがよい洗顔石鹸もたくさん市販されていますから、その中から自分に合いそうなものを選んでいきましょう。なお、泡立ちに関しては泡立った状態をどれだけ維持できるかどうかも重要なポイントです。

 

泡立てた直後はよいものの、すぐになくなってしまうような洗顔石鹸だと結局洗っている途中で指で擦る形になってしまいます。

保湿成分など、乾燥肌を改善する働きのあるものを>

洗顔石鹸

泡の持続力に自信がある製品はその点を強調していますからその点も見ておくようにしましょう。

 

洗浄効果だけでなく乾燥を改善する効果も欲しいところです。現在出回っている洗顔石鹸には保湿成分を配合したものも見受けられます。

 

こうした製品なら洗いながら有効成分を浸透させることで乾燥状態を改善する効果も得られます。

 

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった成分が配合されているかどうかを見ておきましょう。このあたりは使用している化粧水や美容液とのバランスも考慮して選んでいくとスキンケア環境全般に役立てることができます。

 

とにかく低刺激で乾燥を悪化させないこと。これが乾燥肌の洗顔石鹸選びのポイントです。乾燥肌用の製品などもありますから、そうした製品からチェックしてみるとよいでしょう。

 

脂性肌(オイリー肌)の洗顔石鹸の選び方

脂性肌(オイリー肌)の洗顔石鹸の選び方では汚れと余分な皮脂をどれだけしっかり落とすことができるかが最大のポイントとなってきます。ですから洗浄力を第一に考えて選んでいくようにしましょう

脂性肌の人は洗浄力による多少の刺激には耐えられる

洗顔石鹸

脂性肌の方は脂分が多く、乾燥肌と違ってバリア機能が損なわれているといったことがないため、少しくらい刺激が強い洗浄成分にも耐えることができます。

 

ですから低刺激よりもまず洗浄力の高さを重視して選んでいく必要があります

 

脂性肌の方は皮脂の分泌量が活発ですから、洗顔後に少しくらいつっぱり感があってもすぐに皮脂分泌によって補われますから、その点も考慮して汚れをしっかり落とせるかどうかを実際に試してみながら選んでいきましょう。

 

ただもちろん、洗浄力が高ければ何でも良いというわけではなく、合成界面活性剤や防腐剤、合成香料、着色料といった添加物がなるべく含まれていないものの方がお勧めです

 

これらの添加物は洗浄力とは関係なく肌に負担をかけてしまうため脂性肌の方にもあまり適さないのです。

脂性肌の人は洗顔石?を選ぶ時に使用されている油分の原材料を確認する

洗顔石鹸

また少しくらいつっぱり感があっても大丈夫と書きましたが、あまり皮脂を除去しすぎるとかえって分泌量が増えてしまう面もありますから、皮脂を落としすぎる傾向がある合成界面活性剤入りの洗顔石鹸はやはり避けるべきです。

 

洗浄力に関しては使用されている油分にも目を向けましょう。植物由来の油分なら肌を傷めることなく汚れを落としていくことができます。とくにパーム油やヤシ油などは洗浄力にも優れているので脂性肌の洗顔にピッタリです。

 

あとは毛穴の汚れをしっかり落とすことができるか。この点は肌質に関わらず重要なポイントですが、竹炭や泥など粒子が細かく毛穴の奥にまで入り込んで汚れを落とすことができるタイプがオススメです。

 

脂性肌の方は乾燥肌や敏感肌に比べると洗顔石鹸選びにそれほど神経質になる必要はありませんが、余分な皮脂を毛穴に詰まらせることなくしっかり落としていくことを重視して最適な製品を選んでいくとよいでしょう。

 

混合肌の洗顔石鹸の選び方

混合肌の方は油っぽい部分と乾燥した部分の両方をうまくケアしていかなければならないため、スキンケア製品選びにも苦労させられます。洗顔石鹸選びに関しては基本的には乾燥した部分を基準にして選んでいくことになります。

洗浄力が強すぎる石鹸は必要な皮脂まで除去する

洗顔石鹸

洗顔の最大の注意点は洗いすぎによる肌へのダメージです。ゴシゴシと擦って肌にダメージを与えてしまうのは論外として、刺激の強い洗浄成分が使用されていたり、洗浄力が高すぎて必要な分の皮脂までも除去してしまうような製品は適しません。

 

この洗浄力と刺激のバランスが洗顔石鹸を選んでいく上でのポイントとなるわけですが、混合肌の場合は乾燥している部分にダメージが生じないかどうかを基準に選んでいくことが大事です

 

油っぽい部分の汚れを落とすことを基準にして選んでしまうと乾燥した部分を傷めてしまう恐れがあります。

 

ただし、低刺激と同時に適度な洗浄力にも目を向けなければなりません。洗浄力が弱いと今度は油っぽい部分の汚れをしっかり落とすことができないからです。

 

ですから洗浄力以外の部分で肌に刺激をもたらす部分がないかどうかをよくチェックしておきましょう。合成界面活性剤や防腐剤、合成香料、着色料といった添加物が使用されていない製品がオススメです。

毛穴の奥に入り込む細かな粒子の石鹸を

洗顔石鹸

それから低刺激でしっかり汚れを落としていける洗顔石鹸を選ぶこと。最低限の刺激で汚れを落とすことができれば乾燥した部分、油っぽい部分の両方をケアしていくことができます。

 

その際のポイントは洗浄成分の粒子の細かさです。細かい粒子の方が肌への負担が少ないうえに毛穴の奥にまで入り込んで汚れを吸着してかきだすことができます。

 

竹炭やクレイ(泥)のエキスが配合された洗顔石鹸がオススメです。

 

洗顔石鹸は美容液のように乾燥した部分、油っぽい部分と合わせて別々の製品を使い分けるといったことが難しいため、混合肌の洗顔石鹸選びは苦労させられることになります。今回取り上げたポイントを踏まえたうえで適切な製品を選んでいくようにしましょう。
一度は使ってみたい!洗顔石鹸口コミ人気ランキング>>

コスメルジュ編集部オススメの洗顔石鹸

然 よかせっけん 編集部オススメ!

洗顔石?おすすめよかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
公式HPで詳しく見てみる!>>

ポーラ Dソープ 編集部オススメ!

洗顔石?おすすめD

毛穴と乾燥のWトラブルに使いたいポーラの隠れたロングセラー商品!
2,700円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

資生堂 プリオール オールクリア石鹸 編集部オススメ!

洗顔石鹸おすすめプリオール

メーク落としも!洗うだけで乾燥小じわを目立たなくする50代以上のための石鹸
1,944円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>